Maximal Life

渋谷で働く営業本部長のブログ

Inter BEE 2018

f:id:ss17935:20181117110135j:image

 

幕張メッセで開催されていた Inter BEE 2018 無事終了しました。

今年もテーマは Active Archive(アクティブ・アーカイブ)

データを保管する目的は使いたい時に使うため。

そのためには探しやすい形でデータを保管する事が重要なんです。

そのためにはデータにタグ・メタをしっかり付けて保管しましょう。

今回は2つのソリューションを展示しました。

1. HyperStore の Bucket と Amazon Recognition を連携させた自動タグ付け

2. ファイル管理システム KaleiDA Arc と HyperStore の連携

KaleiDA Arc + HyperStore の組み合わせ、結構使いがって良いです。

 

そして、4K・8K 時代はファイルサイズもどんどん大きくなります。

映像・画像を取扱う方々のストレージ容量は PB 超えが当たり前になるでしょう。

そうした時に活躍するのが、スケールアウトが簡単なオブジェクトストレージ。

そろそろ、いろんな所で使われるようになるのでは?

(ー_ー;)