Maximal Life

渋谷で働く営業本部長のブログ

映画「マスカレード・ホテル」を観てきました(ネタバレあり)

f:id:ss17935:20190404092257j:plain

 

ずーっと観たかったけど観そびれていた映画を観てきました。

マスカレード・ホテル

 

 

キャスト

[ 刑事 ]

新田浩介 木村拓哉(捜査一課刑事、主人公)

稲垣   渡部篤郎(捜査一課係長)

能勢   小日向文世(所轄の刑事で新田の元相棒)

元宮   梶原善(先輩刑事)

関根   泉澤祐希(若手刑事)

 

[ ホテルマン ]

山岸尚美 長澤まさみ(フロントクラーク)

久我   東根作寿英(先輩フロントクラーク)

田倉   鶴見辰吾(宿泊部部長)

藤木   石橋凌(ホテル・コルテシア東京の総支配人)

 

[ 宿泊客その他 ]

生瀬勝久(新田に絡む宿泊客)

菜々緒(宇梶の浮気の証拠を掴みに来た妻)

濱田岳(クレームをつける宿泊客)

高嶋政宏(金をせびろうとする宿泊客)

橋本マナミ(政治評論家と密会する愛人)

前田敦子(このホテルで結婚式をあげる客)

宇梶剛士(このホテルで浮気をしている菜々緒の夫)

松たか子(山岸に恨みをもつ謎の女)

勝地涼(松たか子に頼まれて手紙を届ける劇団員?)

 

ストーリー

都内でおきた連続殺人の次なる舞台となるのがホテル・コルテシア東京。

4人目の殺人を阻止すべく、警察がホテルの従業員になりすまし潜入捜査をする事になった。

事件とは関係ない宿泊客との出来事を新田と山岸が解決しながら徐々に犯人に近づいていく。

(豪華な宿泊客役がくりなすエピソードはそれぞれ独立していて面白い。)

捜査が進むに連れ、新田と能勢の捜査により事件は連続殺人ではない事が判明する。

犯人が 2つの殺人をカモフラージュするために連続殺人に見せかけたのだ。

犯人は山岸を逆恨みする女(松たか子)で狙いは山岸だった。

山岸は犯人に拘束され、筋弛緩剤で殺されそうになるが、ギリギリのところで新田に助けられる。

こうして事件は解決し、新田と山岸がそれぞれを認め合って、ハッピーエンドとなる。

 

感想

ホテルで起こるさまざまなエピソードにホテルマンがどう対応するのかが面白い。

殺人事件がなくても、これだけでそれなりに面白い映画が作れるのではと感じた。

(昔の「ねえさん、事件です」で流行ったドラマみたいな感じ?)

そういったエピソードのいくつかが殺人事件捜査のヒントになっているというのは面白い。

殺人事件の謎については、さすが東野圭吾と言えるだろう。

連続殺人が見せかけであったり、新婦(前田敦子)のストーカーが犯人と思わせて、

実はぜんぜん違う犯人が違う人間を狙っていたり。

木村拓哉と長澤まさみの絡みも非常に良かったと思う。

エンドロールに出てきた、明石家さんま(友情出演)が最大の謎として残ったのが、

ちょっと悔しい。

個人的に、非常に満足できる映画でした。

 

↓ ランキングに参加しています。よろしければポチッとして下さい。