Maximal Life

渋谷で働く営業本部長のブログ

映画「グリーンブック」を観てきました(ネタバレあり)

f:id:ss17935:20190408195451j:plain

 

最近は au マンデーを駆使して映画を観るようにしています。

(本当は月1回でもとは取れるのですが、ひとり映画にハマってしまいました。)

今回は、観た人の評価が比較的高かったのでのでこの映画。

グリーンブック

 

 

キャスト

Tony Lip     ヴィゴ・モーテンセン(ドンのボディガード兼運転手)

Don Shirley   マハーシャラ・アリ(有名な天才黒人ピアニスト)

Dolores      リンダ・カーデリーニ(トニーの妻)

Oleg      ディミテル・D・マリノフ(ドン・シャーリー・カルテットの一人)

 

 

ストーリー

NY のクラブの用心棒をやっていたトニーが有名なピアニストであるシャーリーの南部ツアーの用心棒兼運転手を務める事になる。

もともと黒人に対する差別意識を持っていたトニーだが、8週間の演奏ツアーで起こる様々な差別問題に対応していく。

また、二人はそれぞれの心のうちにある悩みなどを理解するようになり、次第に打ち解けていく。

このツアーを経て、二人の間に友情が芽生え、最後は分かりあえて生涯、親友として付き合う関係となった。

 

感想

まずは、この映画が実話だったという事は知りませんでした。

前評判とテーマから、最後はハッピーエンドで終わる事は分かっていました。

そんな中での鑑賞となりましたが、良くはありましたが、

「そんなに素晴らしい?」というのが正直な感想です。

昔のアメリカでは、こういう黒人差別があった...という事を知らしめる意味では良いでしょう。

ただ、実話という事もあり、展開は予測の範囲を超えていない内容です。

もちろん、主演の二人は魅力的だし、分かってはいましたが、最後は感動的でした。

正直、世間の評判が高すぎなのでは...と思ってしまいました。

 

↓ ランキングに参加しています。よろしければポチッとして下さい。