Maximal Life

ネットビジネス副業で稼げるか検証するブログ

MacBook Air と MacBook Pro はどちらを購入すべきか?

f:id:ss17935:20190715122539j:plain


自宅のノートパソコンもいよいよパフォーマンスに難を感じてきました。

娘のお古の iPad mini をメイン機として使ってきましたが、やはり閲覧以外の作業についてはパソコンに軍配があがります。

iPad メインの生活を数ヶ月やってみましたが、どちらかに統一するならやはり断然パソコンが便利です。

 

今までの自宅パソコンは Windows 機でしたが、iPhone / iPad を使っているので、今回は Mac にして Apple に統一したいと思います。

 

自宅のパソコンの主な利用用途は、

 

ネットサーフィン

動画閲覧

メール

パワーポイント

エクセル 

 

こんな感じなので、そんなにパワフルなモデルは必要ありません。

外に持ち出す可能性もあるので選択肢は MacBook オンリー。

自分の使い道から 12 インチ、15 インチは除外。

この時点で MacBook Air or MacBook Pro のいずれかになりました。

 

本体サイズの比較

 

モデル MacBook Air MacBook Pro
画面 13.3インチ
高さ 0.41 ~ 1.56 1.49
30.41 30.41
奥行き 21.24 21.24
重量 1.25kg 1.37kg

 

実はサイズは殆ど変わりません。

MacBook Air の方が 220g 軽いです。

またデザイン上、薄い部分があるので軽くてコンパクトに見えます。

ただ、サイズ / 重量はほぼ同じなので、選択の重要な要因にはならないでしょう。

 

画面解像度・画面サイズの違い

 

モデル MacBook Air MacBook Pro
画面サイズ 13.3インチ
解像度 2,560 x 1,600
画素密度 227ppi
仕様 True Tone搭載Retinaディスプレイ

 

ディスプレイに差はありません。

よって、こちらも選択の要因にはなりません。

 

電池持ちの違い

 

モデル MacBook Air MacBook Pro
ワイヤレスインターネット閲覧 最大12時間 最大10時間
iTunesムービー再生 最大13時間 最大10時間
スタンバイ時間 最大30日 最大30日

 

電池持ちは若干 MacBook Air の方が優れています。

CPU などのスペックが低い分、電池持ちが良くなっているのでしょう。

動画編集などのハードな使い方をするかどうかで機種選定するのが良いでしょう。 

 

CPU の違い

 

モデル MacBook Air MacBook Pro
CPU 1.6GHzデュアルコア
第8世代Intel Core i5プロセッサ
(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
1.4GHzクアッドコア
第8世代Intel Core i5プロセッサ
(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
RAM 8GB
SSD 128GB
GPU Intel UHD Graphics 617 Intel Iris Plus Graphics 655

 

分かりづらいですが、デュアルコア vs クアッドコアの違いです。

動画編集などのハードな使い方が多い場合はクアッドコアが断然有利です。

使いみちに応じて機種選定しましょう。

プロユースでなければ MacBook Air でも十分な性能はあると思います。

 

価格の違い

 

モデル MacBook Air MacBook Pro
SSD 128GB 256GB 128GB 256GB
金額 ¥119,800.- ¥139,800.- ¥139,800.- ¥159,800.-

 

ハイスペックな機種は除外し、入門機の SSD 容量違いで比較しました。

MacBook Air と MacBook Pro の金額の差は 2 万円。

SSD 容量、128GB と 256GB の差も 2 万円。

お金に余裕があれば MacBook Pro を選択しておくのが良いでしょう。

利用用途が明確になっているのであれば、MacBook Air でも十分です。

 

まとめ

13 インチの MacBook を比較してみました。

SSD 容量をそろえると Macbook Air vs MacBook Pro の差は 2 万円。

スタイル、重量で Air を選択しない場合、2 万円を先行投資するかどうかを考えましょう。

ヘビーユーザーでなければ、Macbook Air でも十分だと思います。

お金に余裕がある人は MacBook Pro にしておくことをオススメします。

 

ただ、買い替え頻度は個人によって様々です。

また、CPU の性能アップの頻度は非常に早いです。

2 ~ 3 年で買い換えるのなら、あえて今 2 万円投資する必要はないかもしれませn。

自分の利用目的を見極めて機種選定を行って下さい。

 

私はどちらにするか迷っていますが、迷ったら、

 

「大は小を兼ねる!」

 

という考え方もありかもしれません。