Maximal Life

ネットビジネス副業で稼げるか検証するブログ

移転しました。

50代初心者ライダーのハーレー選び!人生初のハーレーはどの車種か?

移転しました。

f:id:ss17935:20190820090048j:plain

 

令和元年、リターンライダーを決意し、7 月に無事大型二輪免許を取得しました。

そしていよいよバイクの購入ですが、本当に悩みました。

そこで、購入するバイクの選定で気付いた事を共有しておきたいと思います。

これからバイク(ハーレー)を購入しようと思っている方々の参考になれば幸いです。

 

 

 

まずはメーカーを決めよう!

 

ここから悩む人はあまりいないでしょう?

殆どの人が乗りたいバイクがあってリターンするハズなので。

私の場合は子供の頃からの憧れ、ハーレーダビッドソンの一択でした。

ただ、運転技術を向上させたいなんて思ってしまい、

「少しだけネイキッドで練習しようかなぁ?」

なんて思ったりもしましたが、その思いは数時間でなくなりました。

それぐらい、ハーレーへの憧れが強かった訳です。

 

気になる車種を選ぼう!

 

メーカーにこだわりがない人はココからになると思います。

まずはいくつかの候補車種を決めましょう。

予算とのからみもあるので数車種に絞り込めるハズです。

私の場合は、乗りたいと思っていた車種がありました。

しかし、詳しく話を聞いていく中でデメリットも見えてきました。

そいうった事から数車種が購入候補となりました。

 

試乗しよう!

 

ハーレー固有の問題かどうかわかりませんが、試乗車は豊富ではありません。

ひとつのディーラーで全ての候補車種の試乗ができる事はまずないでしょう?

ここで複数のディーラーで全車種に試乗するかどうかはその人次第。

私は近所(徒歩圏内)にあるディーラーでの購入を決めていたので、他には行きませんでした。

ただし、そのディーラーで試乗できるバイクはほぼすべて乗りました。

ハーレーって、車種によって、ハンドルとか、フットペダルの位置が違います。

「この車種のハンドル位置はこの車種に近い。」

とか、想像しながら乗って雰囲気を掴むと良いでしょう。

 

候補にあがった車種たち!

 

f:id:ss17935:20190821140056j:plain

SPORTSTER FORTY-EIGHT ¥1,493,000 ~

私が大型免許をとってハーレーに乗ろうと思ったきっかけの車種です。

スタイルに一目惚れしましたが、実際に話を聞くといろいろ問題が。

一番の問題はタンク容量が 7.9L という事。

この容量だと約 100km毎に給油が必要になり、結構大変かと。

あとはフロントコントロールとこのハンドル位置はちょっと窮屈かも?

試乗はできなかったのですが、タンクの容量で断念しました。

 

 

f:id:ss17935:20190821140153j:plain

SPORTSTER FORTY-EIGHT SPECIAL ¥1,527,400 ~

FORTY-EIGHT にアメリカンっぽいハンドルを装着したモデル。

このハンドルとフロントコントロールはなかなか良い相性だと思う。

ただし、ハンドル以外は FORTY-EIGHT なので、タンクの容量がネック。

初めて試乗したフロントコントロールは、違和感があったが 10 分で慣れた。

タンク容量の問題がなければ、購入していたかもしれないモデルです。 

 

f:id:ss17935:20190821140215j:plain

SPORTSTER IRON 883 ¥1,348,500 ~

国産ネイキッドに一番近いモデル。

見た目も格好良く、日本ではかなり売れているハーレーの車種。

乗り心地もネイキッドに近く、運転しやすい。

試乗した中では一番すんなりと乗れたので、万人受けする車種だろう。

街乗りには一番向いていると思う。

格好良いのでかなりそそられたが、883cc vs 1200cc と考えるとコスパの面で若干劣るか? 

 

f:id:ss17935:20190821140252j:plain

SPORTSTER IRON 1200 ¥1,369,200 ~

IRON 883 のスタイルを踏襲した 1200cc。

ハンドルがアメリカンっぽいのが好みの分かれるところ。

このマシンに 883 ハンドルがついていたら、完璧だと思う。

アメリカンっぽいハンドルポジションとミッドコントロールが絶妙の組み合わせか?

購入後いじる人にはベースマシンとしてコスパの良い車種だと思う。

 

 

f:id:ss17935:20190821140314j:plain

SOFTAIL LOW RIDER ¥2,012,900 ~

昔からの憧れの車種。

このスタイルは本当に格好良い。

試乗できていたらこいつになっていたかもしれない。

 

 

f:id:ss17935:20190821140543j:plain

SOFTAIL SPORT GLIDE ¥2,295,700 ~

まったく検討外だったが、説明を聞いてちょっと欲しくなった車種。

見た目はツーリングに近いが、フロントのカウル、サイドバックは簡単に着脱可能。

フロントカウル、サイドバックをはずすとすごくスポーティで街乗りにも合う。

試乗したが 1700cc はかなりパワフルで、初心者には扱い辛そうに感じた。

スポーティ&ツーリングという意味では、将来的にはありの車種かもしれない。

 

f:id:ss17935:20190821140602j:plain

SOFTAIL BREAKOUT ¥2,486,600 ~

カタログを眺めていて「格好良いなぁ」と思った車種。

話を聞くと、超定番の人気車種との事。

価格の問題はあるが、次の買い替えには必ず候補になると思う。

 

最後に

 

基本的に全候補車種に試乗はできないです。

なので、試乗できる車種にはできるだけ乗ってイメージするのが重要です。

私の場合は SPORTSTER メインだったので割とスムーズに決断できました。

私が考える車種決定のポイントは以下です。

 

1. ハンドルの位置

2. フットペダルの位置(フロント or ミッドコントロール)

3. 購入後、改造する or しない?

 

特に 3. が重要で、改造するなら、1.&2. はそんなにシビアに考えなくても良いです。

改造するのなら、このあたりは後からなんとでもなる事なので。

 

改造しないで乗る方は、1. & 2. をしっかり吟味して自分に合った車種を選ぶと良いでしょう。

 

でも、試乗した感想は、

「どれもすぐに慣れる」

という事です。

 

自分が今後どういう風にバイクと付き合っていくかで、決めれば良いでしょう。

 

ちなみに私は、

 

SPORTSTER IRON 1200 ¥1,369,200 ~

 

を選びました。

改造するベース車種としてはコスパが良い車種だと思います。

My Machine のカスタマイズについては今後も共有していきたいと思います。